image_36

海外の軍事系ニュースサイトによるとロシアの可変翼超音速爆撃機Tu-22M3が離陸前に緊急脱出装置が作動しコックピットの外に打ち上げられた3人の乗員が死亡するという事故が発生したと報じられています。

The Aviationistによると、事故があったのは2021年3月23日にロシア空軍のTu-22M3爆撃機の搭乗員がロシア西部のカルーガ州の近くにある基地『シャイコフカ』での離陸の準備をしていたところ、3人の乗組員が死亡する事故があったと報じています。

[Updated] Ejection Seats Activation During Preflight Operations On Russian Tu-22M3 Bomber Kills Three Crew Members - The Aviationist


記事によると、ロシア国防省は原因は明らかになっていないものの飛行前の作業中に何らかの理由で乗組員が脱出したと発表しています。打ち合えらた後、パラシュートが時間内に展開しなかったため3人が地上に激突し致命傷を負ったとしています。

ロシア国防省の公式リリースには記載されていないもののロシアのメディアによるとこの事故で1人が生き残ったとのことです。

Tu-22にはツポレフ設計局のKT-1M射出座席が搭載されています。今回は強制排出が行われたとしており、この場合、コックピットの左側の座席に座っている機長が脱出する時に他の3人の乗組員が先に排出されるそうです。
具体的にはオペレーター、ナビゲーター、副操縦士の順で、最後に機長となる操縦手が手動操作で動作させ排出されます。今回1人生き残ったとされる件については機長の可能性が高く、機長は飛んでいないことが確認されているとしています。



これまでも誤操作したため地上から射出座席で打ち上げられる例が複数確認されていたのですが、死亡例というのは稀です。これは例えば韓国のF-15で地上から噴射座席が動作した時は地上からの発射が想定された設計が取り入れられるため一応安全に着陸出来たとされています。

しかし今回のKT-1M射出座席の場合は機体の最低速度が130km/h以下では安全にパラシュートが開かないという設計になっているため、仕様通りパラシュートは開くこと無く地上に打ち付けられました。

▼アメリカにおける旧モデルと新モデルの射出座席の比較。旧モデルではパラシュートが開く前に地上に落下している。


image_37

Tu-22M バックファイアはオペレーター、ナビゲーター、副操縦士、操縦手の4名が乗り込む超音速爆撃機でTu-22 「ブラインダー」の発展型として1969年に初飛行しました。その後量産型1972年に生産が開始されています。
最高飛行速度はマッハ2.02(2,160km/h)で行動半径は最大で2400km、飛行距離は最大で7000km。

このエントリーをはてなブックマークに追加