image_76

様々な動物を目にすることができる動物園。しかし中国の動物園ではライオンの代わりに『色だけが似ている』犬が入れられていたと激写されネット上で批判が殺到していると報じられています。

2021年3月31日、中国版Twitterこと微博に投稿されたのは中国四川省西昌にある動物園を訪問した人が、「アフリカライオン」という紹介されていたものの、檻の中にはゴールデンレトリバーが横になっているのを目撃し動画などをネット上にアップ、これが元でSNSでは大きな話題になったとしています。

귀여운 개가 사자냐 중국 동물원 엉뚱한 전시 논란 | 한경닷컴

記事によると、SNSで炎上したことを受け、なぜ犬が入れられていたのかについて園が釈明することになったものの園側は「今回は誤って標識を変え忘れてしまった」といい、意図的に行ったものではないと主張。

中国では新型コロナウイルスが原因で来園者が急減したことを受け経営難に陥り仕方なく犬を入れて紹介する園が他にも確認されており、例えば、他の動物園では狼として展示していたものが実際は犬だった件などが報告されています。

ただ、中国の場合では生き物以外も登場することがあり、例えば新型コロナウイルスなど存在していなかった2017年にはプラスチック製の玩具を使って「数万匹の蝶がやってくる!」などと嘘の広告をしていた動物園もあるなど、やりたい放題なことが感染症に関係なく発生しています。



また韓国でも新型コロナウイルスが原因で動物園が打撃を受け、なんと1年以上も放置されるという考えられない事態が発生しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加