image_83

各国で運用されている政府専用機。アメリカでは大統領が乗り込む機体はエアフォース・ワンと名前になるのですが、これに関して、アメリカ カリフォルニア州のスタートアップ企業Exosonicは大統領や副大統領が使用することもできるという機体を開発中だと説明しています。

The ByteによるとExosonicが開発している機体は片道5000海里、9200kmを飛行可能な音速機で飛行速度はマッハ1.8、通常の旅客機の約2倍の速度となります。機体としては音速突破時に発生する爆発音のような衝撃派をつくすることがない機体に仕上げる予定だとしています。

Exosonicによるとこの機体は2030年代半ばまでに完成版を公開する予定とのこと。

Exclusive look inside the US supersonic presidential jet | CNN Travel

image_84

機体としては過去に発表していた70人乗りの音速旅客機を31人乗りの派生型になっているものとしています。機内には会議室など職務に必要な機能は備えているほか、機内デザインもアメリカの伝統的なカラーを用いる計画です。

image_85

image_86

image_87

ただ、機体が将来のエアフォース・ワンとして将来利用されるのか。現時点では謎であり、なにより新興企業による開発で既存のテクノロジーが通用しない機体となっており、最大限考慮が必要な安全性の懸念の払拭は難しいと考えられます。

いずれにしてもこの期待が数年間事故なしに飛行し、機体の欠陥が改良された時点でようやくエアフォース・ワンとして計画が進むことになるのではないかと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加