image_94

地雷や即席爆発装置(IED)というものが現在の戦場では脅威となっています。これはら埋められたり見えないところに隠される形で起爆するものになるのですが、最近ロシアがこのような脅威を一定の距離から破壊できる装置をつくったと報じられています。

anewsによると、ロシアが開発したのはマイクロ波兵器を搭載したヤーズと呼ばれる車両です。マイクロ波といえば電子レンジでお馴染みなのですが、例えば携帯電話やレーダーにもこのマイクロ波という波長が使われています。



これに関してロシアのズヴェズダというテレビチャンネルによると、この映像はアルタイ地方での訓練で撮影されたもので、特殊な装備を備えた車両が先頭にすすみ、マイクロ波を放出。これにより地雷や即席爆発装置を誤爆させることで予め除去できるとしています。

映像はあくまでサンプル的なもので実際に稼働したものではないと考えられるのですが、記事では車両から100mの範囲でこれら脅威を無力化することができるとしています。

また高周波パルス、ようはEMPのようなものになるとかんがえらロシア軍としては今年から導入を目指すとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加