image_22

ジェフ・ベゾス最高経営責任者(アマゾン)率いるブルー・オリジンが開発を進めているのはニューシェパードとよばれるロケットにより打ち上げられる宇宙船です。先日この15回目の試験が実施され成功したと報じられています。

今回の試験では打ち上げ実際に人が乗り込み、着席、ドアを閉め、その後、人間を人形に置き換え打ち上げるということを行っています。これは間もなく有人宇宙飛行を行いたいという同社の考えが現れたものであり、宇宙船内には人体への影響を調査するため各種センサーが装備されました。



ニューシェパードの打ち上げミッションは人形を載せた飛行は何度か実施されているもののそれらは、他の研究装置を搭載した状態で実施されていました。しかし今回は全て人を想定した人形と装置が入れられ、完全な有人飛行前の飛行演習となったとのことです。

▼クルーカプセルの船内 一人ひとりに大きな窓が設けられ、空間がとても広い
image_33
ロケット『ニューシェパード』の先端に搭載されている宇宙船はクルーカプセルと呼ばれており、背丈ほどの大きな窓がついており、全員が窓の外を見れるように配慮されています。

ブルー・オリジンはこの2つを利用し、民間宇宙旅行を実施したいとしており、今後同社の職員を載せた飛行を実施し本格的な有人打ち上げを行うとされています。

ブルー・オリジンによると、現時点で例えば宇宙旅行の費用やその開始日などは公にしていません。同社は過去にもそのような期限をもうけるような形で開発は急がないとしており、試験を繰り返し最大限安全性を高める方針で開発を進めています。

同社の打ち上げは高度100km程度まで宇宙船を打ち上げ、ロケットはそのまま垂直に着陸。宇宙船はパラシュートと使い地上に帰還。着陸直前にソユーズ宇宙船のように逆推進かけソフトランディングします。宇宙船は地球は周回せず、上昇と下降のみの弾道飛行となります。両方は再利用可能なものになっています。費用については先程も紹介したように明らかになっていないものの、一人あたり数百万円から数千万円になるのではないかと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加