image_64

アメリカ、日本、オーストラリア、そしてインド。いわゆる対中安全保障および経済を協議する枠組みになるのですが、これに関して中国が韓国対して圧力をかけていたことが明らかになりました。

朝鮮日報によると、チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が今月24日に報じた内容として『中国が韓国に対し、米国がアジア・太平洋戦略における核心軸としている「クアッド」に参加するかどうか複数回にわたり確認していたことが分かった』と報じています。

このクアッドとは見出しでも紹介したように、いわゆる対中協力網に位置づけられるものです。中国からすると厄介なもの以外ないのですが、これに対してアメリカの同盟国となっている韓国がどう対応するのか、現時点で明らかな態度は示されておらずどちらかというと一定の距離を置くという態度を示しています。

しかしこれに対して記事によると、匿名の外交筋の話として「複数の中国政府関係者が韓国にクアッドに参加する意思があるか複数回確認した」と報じたとしており、これに対して韓国からは「参加の要請を受けたことはない」と回したと説明されています。


なぜ中国が韓国にクアッドの確認する必要があるのか。
内容がどのようなものであっても、中国がクアッドに対して相当な警戒心をもって対応していることはほぼ間違いないと考えられます。中国は過去に韓国に対してアメリカの迎撃ミサイルTHAADを配備の時も同様の脅しが外交のような対応をとっており、今回も過去の事例のように脅せば韓国は折れると認識している可能性が考えられます。
中国の行動については理由は定かではないのですが、クワッドに対する何らかの突破口をつくって置きたいこと、また中国の味方につくような(悪い言い方ではコマになるような)隣国を作っておきたい作りたいという意識が働いている可能性も考えられます。

いずれにしても、仮に韓国がこのクワッドに参加した場合、クアッドプラスという形で南はインド、東の海と陸は日本と韓国、それに続く太平洋はアラスカを含むアメリカとオーストラリアという形になり中国の抑え込みは更に強固になるということになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加