image_65

ロシア、モスクワ小さなタトゥースタジオを構えるキリル・ユージンさんと妻のユーシャ・ユージナさん。実は彼らのスタジオは独特なタッチでアニメキャラのタトゥーを入れるお店で、なんと3ヶ月先まで予約が埋まっていると報じられています。

現在モスクワで有名なタトゥースタジオといえばキリルさん夫婦かもしれません。ロシアメディアSputnikによると彼らのスタジオはモスクワ郊外にあり、ティックトックアカウントは14万人以上のユーザーにフォローを抱えるという規模になっているとのこと。

ロシアでアニメスタイルのタトゥーが流行中 どのキャラが一番人気? - Sputnik 日本

なぜキリルさんはこれを始めようとしたのか。その理由は4年ほど前に日本のアニメを目にしたことでした。また同時期にアニメスタイルのタトゥーを世界で広めたスペインのアーティストを知ったことも大きかったといいます。

▼特徴のある作風
image_66

当時、ロシアでも一般的なタトゥーを彫るアーティストは存在していたものの、スペインのようなアーティストは存在していなかったとのこと。そこで、彼が挑戦したということになります。

キリルさんは元々絵の才能とそれを活かせる環境がありました。まず、祖父がプロの画家であり描き方を教えられ、様々なコンクールに優勝。さらに国立工科大学の技師学部に入学し、絵と技術面を勉強していたといます。


とは言え、これを始めたころそもそもお金になるのかは当然心配していたといいます。特にロシアではアニメは子供のものという認識が強く、成功する可能性は薄いものでした。しかし、実際にはじめてみるとアニメ好きの大人がスタジオに足を運び、自身の好きなキャラを入れるようになったとのこと。

現在は、一般的なサラリーマンよりも3倍ほどの収入を稼いでいるといい、事業は大成功していると話しています。
キリルさんは将来の目標にも語っており、画家としてタトゥーアーティストとして成長し自分のスタジオを持つこと。そして日本アニメで描かれることも多い秋葉原に行くことが夢だと語っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加