image_114

航空事故で意外と多く発生しているのは空港内です。これに完成て今月1日、ギニアの空港で旅客機が電灯に衝突し一部が脱落するという事故が発生したと報じられています。

事故があったのは現地時間今月1日、232人を載せたエアバスA330-900neoでリスボンから離陸し、ギニアのオズヴァルドビエイラ国際空港に到着、滑走路からエプロンと呼ばれる駐機場に移動する際に発生しました。

INCIDENT The left winglet of TAP Airbus A330neo collided in a lamp post - AIRLIVE

image_115

この時、同機は滑走路の左側にある電灯に衝突し、翼の先端にあるウィングレット(ウィングチップ)と呼ばれるせり上がった構造が完全に脱落する事故になりました。

記事によると、事故機はエプロンにまで移動され乗客は安全に機体から降りたとしています。故障のため離陸ができず、5月第二週末には修理を完了し運行を再開するとしています。

実は同様の事故は、世界中で数ヶ月に1回程度の頻度で発生しており事故としてはそう珍しいものではありません。ちなみにこのような事故より圧倒的に多いのは駐機中の航空機に作業車を含めた自動車が衝突するという事故になっています。

image_116
このエントリーをはてなブックマークに追加