image_145

中国メディアによると、吉林省に設けられた中国ではよくあるガラス床の吊り橋が強風で崩壊し男性が取り残されるという事故があったと報じられています。

事故があったのは今月7日、中国吉林省龍井市郊外にある山間部の吊り橋で、当時時速にして144km/hの強風と雨の天候で、これが原因で床面が崩壊。渡っていた男性が取り残されたとしています。

吉林一景区高空栈道玻璃掉落 男子被困半空中瑟瑟发抖|风景区|栏杆_网易订阅

この様子は中国のSNSに投稿され、映像は数百万回の再生数を記録したとのこと。取り残された男性については消防隊と警察により救助されその後、病院に運ばれ心理カウンセリングを受けることになったとのこと。今回の事故を受けて、同施設はしばらく閉鎖することになったとしています。

image_146

崩れた橋については琵岩山(びがんさん)にあるものだといい高さは約100mです。なぜ強風が吹いているにもかかわらず通行を許可していたのか、偶然1人だけ渡っていたのか、他に渡っていた人はいなかったのかなど具体的な記載もなく詳細は不明です。

琵岩山については今年5月1日の連休期間中にのべ135,000人の観光客が訪れており、壊れた橋については全長260m、幅2.5mあるとのこと。2018年9月1日以降、試験運用が始まっていたとしており、そこまで古いものではありません。

中国では、どのような訳かこのような床面がガラスで作られたものが多く存在しているのですが、過去に割れたという内容は目にしたことはあるのですが、このような形で壊れるというのは非常に珍しいケースです。
このエントリーをはてなブックマークに追加