image_154

1986年に爆発したチェルノブイリ原発に関して、2016年に巨大なシェルターで覆う工事が行われたものの、現在、核分裂反応が依然として進行しており、最近増加している傾向が確認できていると報じられ知恵ます。

2016年11月、NSCと呼ばれるカマボコ型の巨大なシェルターで覆われたチェルノブイリ原発。ある意味で見慣れたその原発はその形を見ることはできないのですが、この原発に関して設置されている中性子センサーで急激な上昇傾向を示していると報じられています。

Chernobyl's Molten Guts Are Warming Up, And Scientists Don't Know Why
Chernobyl Today: Nuclear Reactions Happening at Chernobyl Again

NSCとよばれる構造は原発事故を覆われた石棺の老朽化、そして最大の目的は内部に侵入する雨水を完全に遮断することです。実は、この雨水が原因で放出される中性子量が増えることが確認されていらしく、NSCで覆われることで、観測される中性子量も減るだろうと予想していました。

しかし、現時点では逆に増えることが発生してるとのこと。

その原因につちえは専門的なことが記載されておりよくわからないのですが、いずれにしてもNSCが完成して以降、つまり雨による影響が無くなって以降中性子量が大幅に増加し始めたとしており、現時点でその原因は明らかになっていません。考えられることつぃては、溶け落ちた複雑な状態の核燃料が水で濡れないことで中性子の連鎖反応を引き起こしている可能性が示唆されています。

いずれにしても確かに中性子量は増加している(具体的な数字はしめされていない)ものの、それが脅威となるようなレベルのものではないといい、少なくとも1986年のよな惨事になるようなこともないと説明されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加