image_88

先日開催された主要7カ国首脳会議に招待されたのは韓国と南アフリカです。しかし、現地で撮影された集合写真に関して、韓国政府が自画自賛する文面とともにアップロードした写真について、なんと南アフリカの大統領を意図的に削除したものをフェイスブックに投稿していたことが明らかになりました。

ヘラルド経済によると韓国大統領府は今月13日、フェイスブックの公式アカウントでイギリスで行われたG7首脳会議に出席した各国首脳の団体写真をアップロードしたものの「南アフリカ共和国大統領の姿を消すミスがあった」と修正したと報じています。

"G7사진서 남아공 대통령 지우곤 ‘韓 위상’이라는 정부…뒤늦게 “실수” 해명"- 헤럴드경제

明らかに意図的に南アフリカ大統領の姿を消したのはほぼ間違いないと考えられます。それは合わせて投稿した文面です。
記事によると『韓国がG7首脳会議に招待されたのは、民主主義国家であり、技術先導国である評価』『韓国のG7首脳会議に出席は先進国の仲間入りを果たしという意味だ』などと、公式アカウントとは考えられない、そこらの一般人がTwitterで自画自賛しているような文面を載せていたことです。なぜ今回の会議の成果や結果ではなく、参加したことに対してただ自画自賛するような文面にしたのか。その意図は不明です。

image_87


一方で、なぜこのような写真をアップロードしたのか。ヘラルド経済の主張として『構図』にあるとしています。韓国のムン・ジェイン大統領が写真の真ん中に立っているという見せ方をしたかったため、左端の南アフリカ大統領をカットすることでそのような表現を用いたというものです。

これに関して韓国国内では「政府が人種差別している」という指摘もあるととのことです。

一方で今回加工をした韓国大統領府側は「画像の制作過程でミスがあり修正を行った。コンテンツ制作はより慎重を期したい」などと説明しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加