image_99

中国メディアによると、レジャー施設に設けられた吊橋の上で大勢が揺らすなどの危険行為を行った結果、その吊橋のロープが切れるなどして壊れる事故があったと報じられています。

Record Chinaによると事故があったのは湖南省邵陽市にあるレジャー施設『秋実生態農業村』です。記事によると、14日に遊びに訪れた20人あまりの大人や子供がどのような訳か橋の上に留まり、合図をかけて一斉に揺らすという行為を行ったといいます。

結果、橋の根本部分が壊れ全員が落水する事故になったとのこと。



常識で考えれば壊れることがわかるものであり、なぜこのようなことを行ったのかはわかりません。この手の吊橋では「揺らしてやるぞー!!」と騒ぐオヤジは付き物ですが、今回はなぜか集団でそれを行っていました。

今回の事故では水深も40~60センチしかなく浅かったことで被害者はいなかったとのこと。当然、橋を意図的に壊したということで弁償は20人全員にいくということになるのですが、具体的な損害額などは明らかになっていません。

記事では「橋が切れるスリルを味わっていたようにも見えるな、これは」「えっ、これって、わざと橋を切って水に落とすアトラクションじゃないの?」というコメントも寄せられていたとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加