image_23

ロシアで開発が進められているのは新しいタイプのステルス戦闘機です。この戦闘機の特徴はエンジンを2基搭載したものではなく、1基しか搭載していない単発機になるというものです。これに関してとある軍事評論家がこのような予想をしています。

ロシアメディア、ビヨンドによるとロシアのスホーイ社が現在開発してるというSu-57をベースにした単発ステルス戦闘機に関して、雑誌『軍事評論』の軍事評論家ウラジーミル・スタヴレエフ氏の話を取り上げています。

ロシアが第5世代ジェット戦闘機Su-57の輸出版を開発 - ロシア・ビヨンド

まずビヨンドによると、単発ステルス戦闘機開発についてスホーイ社が2021年はじめに開発を発表したと主張しており、開発が進んでいることは間違いないとしています。その上で、明らかにされていない機体スペックに関して、軍事評論家ウラジーミル・スタヴレエフ氏はこのように語っています。

まず電波吸収体やアビオニクス、搭載する兵器システムは現在スホーイが開発している単発ステルス戦闘機にそのまま使用されるとしています。その上で、エンジンはSu-57のものとは異なり、低出力のAL-31FNを1基搭載する予定とのこと。
また機体重量はSu-57に比べて7トンほど軽くなるといい、最大離陸重量は18トン未満、最高速度もマッハ2程度と主張しています。

ちなみにこのようなデータを出すうえでソース、つまり元情報はどこにあるのかは明らかにしておらず、これがどこまで正しいものなのかは不明です。またこの機体はロシア国内向けというよりも海外への輸出向けだと説明しています。

単発機、メリットとデメリット

ビヨンドによると、エンジンを1基しか積んでいない単発機、2基搭載している双発機にはメリットデメリットが存在しているといいます。

まず機体費用です。当然エンジンは戦闘機の中でも高価なパーツになることは予想できるのですが、記事によると「戦闘機の費用の半分以上を占めるのはエンジンとその燃料系だ」と説明しています。つまりエンジンを1つ減らすことで高いコストパフォマンスを得ることができるとしています。

▼ロシアの副首相の机に置かれた謎の単発機
image_21

一方でエンジンを1つしか搭載しないことのデメリットはエンジントラブル時の事故です。双発機であれば片方のエンジンが停止してももう1基で飛行できるように設計されており基地まで帰還することができます。これは一般的な旅客機でも同様です。しかし単発機ではエンジントラブルは墜落、すなわち機体本体をまるごと失うというリスクが生じます。
つまり単発機にするとエンジンに対しては高い信頼性が必要不可欠ということです。

記事では軍事科学アカデミー教授の説明も紹介されており、そのようなデメリットがあったとしても単発機は戦時における損傷や修理などを考えても、非常に安価で運用することができ、高価な重量級双発機を失うことはあまりに不経済だと主張。さらに製造面についても、迅速に量産態勢を整えられる単発機をつくる技術は戦時下においては重要であり、確保しておくべきだとも主張しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加