image_179

新型コロナウイルスが流行したことでマスクの需要が急速高まりました。そして、人類史上始めてとカンがられる様々なマスクが作られる謎の時代に入ったのですが、その一つ、とある外国企業が不織布不要の機械的な装置を開発しました。

空気清浄機能のある装置を開発したのはBiotlabという謎のメーカーです。これは首後ろ側から空気を吸い取り、フィルターやUV(紫外線)で殺菌された空気を出すことで空気による感染症などを防ぐというものです。



image_177

構造としては単純なものでバッテリーとファン、空気清浄機能というものが内蔵されているものになっています。画像では左側が首の後ろ側になり、そこから空気を吸い取りフィルター、UVを介して首筋を回る形で口元に空気が送り込まれます。

image_178
製品としては全面にシールドがあるかないかなど4つのタイプがあるそです。ちなみに紫や青に光っていますが、これれはただ光らせているだけで特に意味はありません。

現在この製品は開発中らしく、要はクラウドファンディング形式で資金集めをおこなっているそうです。もちろんこの手の商品が実際にどの程度効果があるものかは不明なのですが、参加や購入に至っては全ては自己責任で行ってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加