image_52

新型コロナウイルスはいったいどのくらいの重さなのか。過去の研究から1フェムトグラム(10をマイナス15乗)と考えられており、感染した場合私達の人体では約1マイクログラムから10マイクログラムの量になるとされています。では現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスを仮に一箇所に集めた場合、いったいどのくらいの重さになるのでしょうか。

イスラエルのワイツマン科学研究所の研究者らの研究として新型コロナウイルスに感染した場合、その人が保有する新型コロナウイルスの数は100億~1000億個と推定しました。そして、2021年6月時点で100万~1000万人が感染していると想定した場合、その質量はわずか0.22~22ポンド、(約0.1~10kg)にしかならないと発表しました。

The total number and mass of SARS-CoV-2 virions | PNAS
Scientists Have Calculated The Weight of All The SARS-CoV-2 in The World

研究者はこの結果について「超極小のウイルスの塊について話していますが、それらは完全に世界に大混乱をもたらしています」と話しています。

研究者は、まずそれぞれの感染者がどれだけのウイルスを保有しているかを計算するために、過去にアカゲザルを使った、肺、扁桃腺、リンパ節、消化器系など、ウイルスに感染しやすいことが知られているさまざまな組織を元に症状のピーク時にどれだけのコロナウイルスを保有しているか測定しました。

そこからアカゲザルの組織1gあたりに存在するウイルス粒子の数と、ヒトの組織の質量を単純に掛け合わせてヒトの組織に存在するウイルス量を推定しました。


新型コロナウイルスはその直径からの計算で、1個のウイルス一粒あたりの質量は1フェムトグラム(10をマイナス15乗)であることが分かっていたそうです。この質量と推定数から、感染のピーク時には1人あたり約1マイクログラムから10マイクログラムのウイルス粒子を保有していると計算されました。

約1マイクログラムとはどのくらいの量なのか、これは砂場にあるような砂粒一粒以下の質量です。他に分かりやすく表現すると塩の粒10粒程度で1マイクログラムになるそうです。つまり塩粒10~100粒程度の量で場合によっては人を死に追いやるというものになります。

また研究者によると、新型コロナウイルスの突然変異に関して、一人に感染した場合0.1~1個の確率で突然変異したウイルスが誕生するとしています。ここから導き出すとすでに知られている新型コロナウイルスの進化速度(変異の誕生割合)と一致するとしています。

研究者は「この研究が新しい考え方と今後の新しい研究につながることを願っています」と話しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加