image_72

海外メディアによると、中国人で30万人のフォロワーを抱えている23歳の女性配信者がクレーンの上部、約100mから転落死するという事故があったと報じています。この女性はクレーン運転手で仕事中に配信していたとのことです。

記事によると、事故があったのは7月15日で死亡したのはシャオチューメイという23歳の女性です。詳しい状況は不明なのですが、この女性は中国のライブ配信動画サイトで30万人を超えるフォロワーがいるという人物で「世界でもっと美しいクレーンオペレーター」などとも言われていたといいます。

事故は、作業現場でクレーンの上部に登っているときに発生したといいます。想像では高層ビルの建設に使われるタワークレーンのオペレーターではないかと考えられるのですが、運転席に行くまで梯子を登っていたらしく、この様子を何故かライブ配信で生中継してました。

しかし、クレーンに何かがぶつかる音がして、その後シャオさんの悲鳴とともにカメラが落下したといいます。その後、現地メディアがこの女性が転落死したと伝えています。

▼死亡した女性
image_73

スマホ片手で安全無視か

詳しい事故原因は明らかになっていないものの、この女性が当時、片手にスマホを持ちながら撮影していたとしており、転落防止用のベルトすらも装着していなかった可能性があるとしています。

中国では高所などの危険な作業現場ではスマートフォンなどの手荷物を地上に置いて登ることが行われているものの、この女性はそれを無視していました。
つまり然るべき安全規則すら守らず自身の動画配信サービスでの利益を確保しようとそれを行っていたということになります。


中国メディアは今回の事故について、多くの若者はSNSのライブ配信は自分の職業よりも重要なことだと考えている。特に人気が高まってファンが多くなると、広告収入で本業よりも多くのお金を稼ぐことができるからだ」とし「しかし、ライブ配信のネタが不足すると、危険を顧みない行動にでることがある」と伝えています。

実際に過去にもライブ配信、特にユーチューバーが人気稼ぎ(正しくは再生数と広告代稼ぎ)に過激な行動にでて逮捕されたり(いわゆる迷惑系YouTuberと呼ばれる層)、過激な映像をとるため怪我したり死亡する例が多く発生しており、残念ながら今回もその一例となりました。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加