SparrowhawkSmall UAS、SUAS

無人攻撃機『MQ-9リーパー』などを開発した企業としてしられるジェネラル・アトミクスはこの手の無人機から発進、さらに空中で無人機を回収することができる機体の概要を発表しました。

今回発表したのはジェネラル・アトミックス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)で、無人偵察機となるMQ-9B スカイガーディアンから発進するスパローホーク小型無人航空機(SparrowhawkSmall UAS、SUAS)という構想です。この機体は無人機から発進した後、再び無人機に戻り回収されます。

詳細は不明ですが、スパローホークについては既に開発が相当進んでおり、2020年11月時点で無人機に搭載して飛行する試験が行われています。



ただ、これとは機体形状(特に動力)が異なっているのですが、かなり詳細なスペックなどが掲載されています。

スクリーンショット (81)

この子機となるスパローホーク小型無人航空機は単体の飛行時間は実に10時間、航続距離は500海里(926km)で、動力はハイブリッド電気推進システムを搭載しているとしています。これにより何時間も目的のエリアを監視。母機は敵の防空網の外に待機しこの子機が危険な空域で偵察活動を行うという運用方法が考えられています。

また今回、初めて母機に回収するシステムも発表されました。(動画はこちらから)
スクリーンショット (79)
MQ-9にはミサイルのように2翼を畳んだ状態で搭載されます。

スクリーンショット (80)
翼を開きながら投下。偵察活動開始。

スクリーンショット (82)
動力・燃料。機体の先端のセンサー類は任務に応じて変更することができます。搭載量は60ポンド。

スクリーンショット (88)
回収は母機からケーブルがたらされます。

これを側面に取り付けられたフォークのような構造によりキャッチします。
スクリーンショット (90)

スクリーンショット (91)

スクリーンショット (92)

スクリーンショット (93)

スクリーンショット (94)

スクリーンショット (95)

後は翼を折りたたみ回収。帰投します。
スクリーンショット (96)

スクリーンショット (97)

スクリーンショット (99)

このエントリーをはてなブックマークに追加