image_115

新型コロナウイルスの流行と共に、どのようなわけか導入されるようになったCO2測定器。室内の二酸化炭素濃度から室内の換気などを促す装置として、CO2濃度と新型コロナウイルスが関連付けられて導入がされているものなのですが、研究者らが行った測定結果として安価な製品は大半がまともに測定できないゴミということが明らかになりました。

石垣陽特任准教授(情報学専攻)、榎木光治准教授(機械知能システム学専攻)、横川慎二教授(i-パワードエネルギー・システム研究センター)のグループは、新型コロナウイルス感染症の対策用としてECサイトで販売されている5,000円以下の安価な二酸化炭素濃度測定器(以下CO2センサ)の精度検証を実施しました。

国立大学法人電気通信大学
記事によると、今回の測定結果として、評価された12の製品のうち5000円以下でも25%で正しく測定することができたとしており、必ずしも安価な製品が不良とはしていません。ただ、67%の製品では二酸化炭素に全く反応しなかったどころか、消毒用アルコールに無駄に反応するという仕様になっており、完全粗悪品だったとしています。これは二酸化炭素ではなく他のガスに反応するセンサーを用いて利用者を出している粗悪品になります。

研究チームが、測定器が正しく計測出来ているのかを調べる方法として3つあげています。
具体的には
  • 屋外の新鮮な空気のなかで、400 ppm前後(目安として340~460ppmの範囲程度)を表示するか確認します。(示していなければ校正すること)
  • センサーに息をふきかけ(二酸化炭素)、計測器の測定限界まで上がることを確認する。もしくは袋の中にセンサーを入れ数値を確認する。(反応しなければ不正製品)
  • 消毒用アルコールを吹きかけた手を近づけるなどしてセンサーがどう反応するか確認する(上昇した場合は二酸化炭素ではなく、他のガスに反応するようダミーセンサーが搭載されている不正製品)
当然このような内容は消費者庁が当然研究・調査を行っているはずなので、間もなく回収命令がでることになると考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加