image_123

最新鋭のステルス戦闘機F-35で運用されいてるのはパイロットが使用する特殊なヘルメットです。これはヘッドマウントディスプレイを内蔵しているもので、これによりF-35のコックピットではガラス板のようなヘッドアップディスプレイが撤去されています。しかし、なぜ一つあたり4500万円もするのでしょうか。

F-35のパイロットが着用するヘルメットは金よりも値段が高い1個あたり約40万ドル約4500万円というとてつもない額になっています。世界一高価な作業用ヘルメットになるのですが、なぜここまで高いのか。

MissionandGoalsというウェブサイトによると、その理由についていくつか理由をあげており、例えばパイロットの頭の形に適合するように年に何回も調整をいれないといけないなど、そのような理由もあるとしています。



具体的には、F-35のヘルメットはそれぞれのパイロットごとに合わせて作られており、これが年に3回調査が行われているといいます。その間、太ったり痩せたりすることはできず頭の大きさを固定する必要があるとのこと。これはアメリカ空軍が実際に発表しているもので、パイロットは皆同じことをおこなっているといいます。当然髪型も同様であり、不適合になる場合があるため適切に維持しなければならないとしています。

なぜそこまでガッチリと固定する必要があるのか。原付きスクーターにのるイケイケの若者レベルにしてはイケないのかという点についてはやはり、搭載された機能にあるそうです。

F-35のパイロットがこのヘルメットを着用するとその視線からは機体が透明になるといいます。つまり様々なカメラが撮影した映像をヘルメットのヘッドアップディスプレイを介してパイロットに見せることで従来機では100%不可能だった視界の問題は完全になくなります。
従って、このような理由からもヘルメットとパイロットの頭の位置が適切に適合する必要があるといいます。その誤差は2mm以内に収めなければなりません。


ただ、あまりにもこれはで融通がきかないため、ヘルメットには内部にインナーパッドが入っておりこれを持っていくことで例えば普段使っていない別のヘルメットでも自分の頭に適合するようにできます。しかし、ヘッドアップディスプレイとパイロットの目の位置を調整する必要があるなど面倒なこともあります。

とはいえ、従来のヘルメットと比べるとガラケーとスマホくらい圧倒的な性能差があるというもので、第5世代戦闘機の中でも、F-35では頭一つ飛び抜けた性能が得られるということになります。ちなみにヘルメットは一度調整したら終わりではなく105日間隔でメンテナンスを受ける必要があります。

このヘルメットが飛行やミッションを達成する上でかなり重要な装備になっているということになるのですが、この表現はほぼ間違いではないそうです。逆に言えばヘルメットに異常がでれば危険なことに繋がるのですが、2017年には強襲揚陸艦に着陸しようとしていたF-35Bのパイロットが危うく事故りかけたケースではヘルメットのディスプレイが故障したことが原因だっといいます。
そして空中給油に失敗し墜落したケースも同じくディスプレイの故障が原因だったとされています。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加