image_153

「自分たちに反対してきた全てに恩赦を与える」などと主張してから1週間あまり。一方でアフガニスタンでタリバンに対して対抗してきたという地方警察署長を拘束し殺害するという『恩赦』を与えていたことが報じられています。

詳細は不明ですが、海外メディアによると今月21日付けの報道でTwitterなどにあげられた情報として、アフガニスタンでバジッシュ州で警察署長として務め、タリバンに対し対抗していたというハジ・ムラ・アチャクザイが殺害されたと報じられています。

"손묶고 기관총 처형, 미국인도 구타"…탈레반 피의복수 시작 [영상] - 중앙일보

詳細は不明ですが、殺害されたのは8月17日以降とみられており、当時警察署がタリバンの戦闘員に囲まれ降伏する以外方法がなかったといいます。その後、タリバンば署長を拘束。その後、場所は不明ですが、目隠しをされ銃殺されたとしています。

ご存知の方も多いように、タリバン側は「報復はしない」「戦争は終わった」などとしているもののやっていることはこれまでどおりの抑圧と殺害であり、何も変わっていないことが既に明らかになっています。

これにも問題はいくつもあり、アフガニスタンの大統領は国民を見放し早々に国外脱出。アメリカにより訓練されたアフガニスタン軍も全く機能しておらず放棄し首都陥落。アフガニスタンは自国や自分の身を守ろうとする意思が無い、良く言って『守っているというふり』をしていたという状態が続いていたことが露呈する結果となりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加