JF-22_6

小型の模型を内部に入れ風を流すことで機体などの飛行特性などを研究することがでる風洞。これに関して中国で音速の実に30倍近い速度をシミュレートできるJF-22超高速風洞を2022年に完成予定と発表しています。

現在、多くの航空機はその課程で風洞を用いた試験を行っています。これは旅客機から戦闘機、場合によっては各種ミサイルやそれを搭載した状態の戦闘機、また宇宙船や探査機に使用するパラシュートなども風洞に入れられ試験されています。これはその機体を開発する上で発生する空力特性や問題を事前に知る上でもとても重要な試験です。

現在は音速を超える超音速・極超音速の機体などが開発されています。それを試験するとなると極めて高速な飛行環境を再現する風洞が必要になってきます。それが今回紹介するJF-22超高速風洞です。

JF-22_1

この風洞は衝撃波風洞研究チームが行っているもので、最初の研究は1950年代と1960年代に始まりました。銭学森と郭永懐らは中国科学院の機械研究所に中国初の極超音速衝撃風洞を設立します。

JF-22_3

JF-22_4

現在使用されているのはJF-12という風洞でその発展型がJF-22です。JF-22は新世代航空機開発などの研究に用いるもので、スペックとしては高度40〜100kmという高高度を、毎秒最大10kmでの速度で飛行状態を再現できます。これは音速の約30倍(マッハ30)に相当します。

つまりこれはどちらかというと高度80~100kmはほとんど大気が存在しない宇宙に分類されているため、そのような機体、例えばスペースプレーンなどの開発も行える施設になるという意味です。

JF-22_5

記事によると、そのようなことが記載されており「JF-22の研究目的は地上と宇宙の往復技術分野(つまりスペースプレーンやロケットの回収、弾道技術)における主要な国家の政策に対応するものです。空気力学の探求および超音速飛行技術の実験研究に使用される」という趣旨が記載されています。

また中国科学院力学所研究員はこの風洞プロジェクトの責任者という姜宗林氏によると「JF-22風洞の目標は、地上と宇宙の往復可能なシステムを補助するもので、もし成功した場合、衛星と宇宙船の発射コストを90%削減することができるでしょう」と話しています。

JF-22_2

記事によると、この手の風洞による試験はアメリカのB-52爆撃機はその開発で1万時間の風洞試験が行われている他、スペースシャトルについては合計で10万時間行われているとされています。
参考

このエントリーをはてなブックマークに追加