image_197

国内に張り巡らされた鉄道。鉄道は非常に丈夫である一方、維持するには点検が欠かせないものにもなるのですが、この大変な作業に関してドローンを用いる方法が欧州では来年にも始まると報じられています。

これはノルウェーの会社NordicUnmannedによって製造されたBG-300というよく見かけるマルチコプタードローンです。特徴としては平均時速20kmで鉄道上を移動できるという点です。そしてその飛行距離は最大で200kmになると主張しています。

BG-300にはレール幅の足と車輪が付いており、カメラやセンサーを使いレール上を点検していきます。そして必要に応じてレールスイッチ箇所に注油することもできるとのこと。そしてこのBG-300の最大の特徴は、列車が接近してきた場合、飛び上がり退避できることです。これを自律的に行うといいます。



NordicUnmannedによるとこのドローンは鉄道会社と共同で開発したものだと説明しており、早ければ2022年前半にも投入されると説明しています。

確かにレール上を点検するにはこれまで専用車両や人が線路上を歩き目視で点検するなど行われていました。一方でドローンには高性能なカメラなどが搭載されており、プログラムを作ることで問題箇所を自動的に判別、正確な位置情報を報告するなどできるようになると考えられます。

ただ、これが本当に機能するのか、特に問題箇所を見落とすなどトラブルが生じないのかは実際に運用してみないと分からない、ということになりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加