image_200

韓国軍における様々な不祥事はメディアのネタにもされているのですが、今回は食事です。最近フェイスブックで前方陸軍部隊所属の兵士があまりに酷い食事がリークされ再び注目を集めています。

韓国メディアヘラルド経済によると、これは前方陸軍部隊所属の兵士が今月5日、自身のフェイスブックページで明かしたもので、「先月、KCTC戦闘訓練に参加した訓練期間中に、普通の食事が提供されずにビニールで包まれたキムチとご飯が出された。1回だけじゃない5回を超えた」という趣旨の内容です。

"“군인이라 버티려 했지만…훈련하는데 밥과 김치만 5번”"- 헤럴드경제

投稿によると訓練期間は11日間あるものの、これは本訓練中の出来事ではなくその準備期間の飯だといいます。しかも、この期間の食事については予めこのような食事が出ると示されていたものの、当然それを無視するかたちで粗末な飯がでたと主張しています。

またなぜこのような内容をリークしたのかについては「軍生活中一番大変なKCTC訓練を参加したにも関わらず、兵士たちの労苦を認めてくれない部隊を見てリークすることを決心することになった」と話してます。合わせてこの待遇が一刻も早く改善するよう願うと投稿しました。




韓国では軍内における食事があまりに酷いというリーク情報がこれ以外にも発覚しています。ソ・ウク国防部長官は「最近新型コロナウイルスで隔離中の兵士の食事と生活条件が不十分だったことに関して厳重な責任感を感じる」として「指揮官が直接献立などを点検し、将兵が不便さを感じないようにする必要がある」と指示したとのこと。

ただ、過去にも同様のことが発生しているにも関わらず再び同じような内容が報告されたことを鑑みると長年このようなことが行われていたことは間違いなく、その献立に使うはずだった食材、正しくはその食費が一体どこに消えたのか考える必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加