image_264

来月5日にリリースされるWindows11。これまでのWindowsとは異なりPCスペックだけではなくTPM 2.0というよくわからないものがサポートされていないといけないなどトラブルが予想されます。これについてマイクロソフトは自分のPCにWindows11がインストールできるのか簡単に分かるツールが公開しました。

今回マイクロソフトが公開したのは『PC 正常性チェック アプリ』というものです。何の正常性を見るのかはよくわからないのですが、要はWindows11がインストール可能かどうかなどもチェックできるツールになります。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

image_260
ダウンロードはページ下部にある「PC正常性チェック アプリのダウンロード」から行えます。
ダウンロードしたファイルを実行するとこのような画面がでてきます。上の今すぐチェックをクリック。
image_261

すべての結果を表示をクリック
image_262

ここで不可となれば「何が原因で不可なのか」を見ることができます。
image_263

Windows11の要求スペックを見る限りでは、激安の超低スペックPCでも無い限り5年ほど前のPCでもインストールは可能と考えられます。問題なのはTPM2.0です。これについてはBIOSの設定変更が必要になる場合があり、知らない人が設定するには困難が生じます。(別の項目を誤って設定すると正常に起動できなくなる場合がある)

最近の購入したPCであればBIOSを更新すればWindows11に合わせてBIOS画面でTPM2.0がわかりやすい位置に表示されたり、デフォルトで有効に設定されているものもあります。ただしBIOSの更新も知識がいるもで、更新に失敗した場合はPCが二度と起動できなくなる恐れがあります。

何れにしてもWindows11をインストールしたいのであればBIOSに入り設定するという知識が求められる可能性がありWindows10公開時に比べて若干の混乱が生じる可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加