WZ-8_4

今月末より開催されている中国の航空ショー『珠海航展2021』について既に様々な最新兵器が披露されているのですが、その中にWZ-8というロケットエンジンを搭載している超音速無人機が展示されていると報じられています。

中国南部に位置する珠海市で2021年9月28日~10月3日の日程で開催される『中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)』。特に航空宇宙分野における開発中の機体などが発表されるのですが、これについてこれまで軍事パレードなどでしか見ることが出来ていなかったと考えられるWZ-8が展示されたと報じられています。

WZ-8_1

WZ-8は2019年10月に行われた中国の建国70周年のイベントで初めて披露されたもので、ステルス性のある全面黒色塗装が施され、デルタ翼に垂直尾翼がない構造で主翼端にはウィングレット状の尾翼が確認できます。

このことから爆撃機などに搭載されて上空まで運ばれ空中発射するような機体と考えられるのですが、これが実際に運用されているのかなどについてはよくわかっておらず、これまでの分析では機体番号からは東部戦区空軍第10爆撃機師団第30航空連隊に配備されているとされています。

WZ-8_2

機体スペックとしては全長11m、横幅5m。ロケットエンジンを搭載してることから大気依存することなく高高度を飛行することができ、高度は4万km(40km、民間旅客機の約4倍ほど高い)に達するとも言われています。

飛行速度もマッハ3程度とされておりエンジンについてはこのロケットエンジン以外にも大気圏内で動作する別のエンジンを搭載している可能性もあるとしています。

ただ機体サイズが小型であることを考えると中国本土から比較的近い空域で運用されることが考えられ、例えば日本や沖縄の米軍基地など洋上含めて撃墜が困難な機体として運用が考えられている可能性があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加