image_288

わざわざ冷たい水を浴びるというのは暑い夏くらいしか行わないと思うのですが、昔から冷水を浴びることがなにか健康に良いなどとされていることについて科学的に裏付けされたという内容が報告されています。

冷水シャワー…シャワー以外にも例えば日本では『滝行』と呼ばれる冷水シャワーの50倍ほどの水圧に打たれるというよくわからない習慣があります。それ以外にも真冬に水を頭から被る、修行と称して冬の海に入る…など温水ではなくわざわざ冷水が使われることがあります。

アメリカなどでは19世紀初頭から亡命者や受刑者らに対して冷水シャワーを浴びさせるという現代でこれを行ったらSNSで即炎上なことが普通に行われていたそうです。これはもちろん医師が健康上の理由から導入していたものになります。

ではなぜ冷水は健康によいなどといわれているのか。これについてオランダで大規模な調査が行われました。結論から紹介すると温水シャワーを使うよりも、冷水シャワーを使っていた人のほうが仕事を休む率が低いことがわかったとしています。

Cold Showers Allegedly Have Health Benefits. Here's The Actual Science

この研究では3000人を被験者を4つのグループに分けました。一つのグループは毎日暖かいシャワーのみ浴び、別のグループは30秒の冷水シャワー、別のグループは60秒の冷水シャワー、そして更に別のグループでは90秒の冷水シャワーを入浴時に浴びてもらうというものです。

この実験を3ヶ月間実施したあと健康調査を行いました。結果、特に冷水を浴びたグループは自己深刻として仕事の病欠が29%も減少していたことが明らかになりました。


記事によると、冷水シャワーが人の免疫力を高める可能性があるという仮説を紹介しており、過去にチェコで行われた研究では活発な若い男性が週に3回、6週間冷水に浸かると、免疫システムがわずかに向上することが示されていたとのこと。
他には交感神経が活発化しストレスなどに対して強くなる説、ホルモンのノルアドレナリンが増加し血圧や脈拍が上昇してい健康が改善する説があるといいます。また摂氏14度の冷水に浸かったりシャワーを浴びることで代謝量が350%上昇し体重の軽減に繋がるというものもあるとのこと。

ただ、この手の冷水を浴びるデメリットとしては死亡のリスクがあるといい、特に不整脈など心臓に疾患がある場合は突然死する可能性があると指摘しています。



ちなみに温かいお風呂はダメなのかというとそうでもありません。過去に温かいお風呂にゆっくり浸かることは心身ともによいという研究が示されており、どちらかといえば苦痛を伴わない温かいお風呂をオススメしたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加