image_108

中国で絶大な人気のある日本人のスポーツ選手。特に羽生結弦選手は突出した人気があるという印象があるのですが、先日来年実施される北京冬季五輪に関して中国外務省報道官が「応援は私達に任せてほしい」と口にしたと報じられています。今回は、相次ぐ羽生選手の中国のラブコールについても紹介していきます。

日本人の中で知っている中国のスポーツ選手は一体何人いるのか。ほとんどの人が誰も答えられないと思うのですが、中国で最も有名な日本人のスポーツ選手といえば羽生選手でしょう。もちろん日本でも絶大な人気があるのですが、これに関して中国国民レベルではなく中国政府レベルでも彼を応援したり支持するというような対応をしているのはご存知でしょうか。

Record Chinaによると『来年実施される北京冬季五輪・パラリンピックは、中国国内居住者に限定して観客を受け入れることが9月29日までに決まった』という内容を報じています。要するに外国からの観客は一斉いれずに、国民だけを入れて開催するという決定となったと内容になります。

この内容で登場するのが羽生選手です。この発表を受けて中国外務省の華春瑩報道官が記者会見で『日本国内で、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手のファンから「応援を中国の皆さんに託そう」との声が上がっている』というよくわからない内容が紹介されており、その反応として「お任せください」「(羽生選手以外の)日本人選手団をしっかり応援していきます」と回答しているとのこと。この反応は中国の駐日本国大使館もそのような対応をとっていると報じられています。

もちろん、中国の報道官が「私達は日本人選手を応援しない」など発言でもしたら国際問題になるレベルなのですが、なぜこのような異例とも言える対応をとっているのか。

中国でも謎の人気がある羽生選手

かつてのベッカム人気のように中国では羽生選手が人気あるのですが、その人気っぷりが異常で例えば2018年には中国国営のCCTVの女性アナウンサーが羽生選手の演技に対して「美しさは龍が泳ぐがごとく運命は勇者にささやく。『お前は嵐にあらがうことはできない』と。勇者はささやく。『私が嵐だ』と」などと予め準備していたかのような文言を語りだし称賛。CCTVのSNSアカウントでも同様に絶讃するようなコメントを書き込むなど、国営でそのような対応をとるというある意味で異常な対応をしています。

今回の中国外務省の対応といい、何故ここまで他国の選手に対して絶讃するのかはよく分かっていません。単純に国内にファンが多いからという理由と考えられるのですが、中国のフィギュアスケートに力を入れたい国内事情があるのかもしれません。

何れにしても北京五輪が開催しフィギュアスケートに羽生選手が出場した場合、会場の雰囲気はいったいどうなるのか。演技以外にも会場の雰囲気についても目を向けてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加