image_78

新型コロナウイルスのワクチンを接種した場合、副反応か副作用か分からないものの「心筋炎になる」などとメディアで報じられていましたが、実はその元となった論文について、データそのものが誤っていたとして取り下げられたと報じられています。

海外メディアによると、2021年9月16日に発表されたオタワ大学の心臓研究者らによりて提出された研究、その論文。これは新型コロナウイルスのワクチンにより1/1000ほどの確率で心筋炎になるなどと主張してしていたものであり、メディアに取り上げられたり、反ワクチン派などがネタに使うものになっていました。
しかし、そのデータそのものに誤りがあり撤回されました。

A Paper Linking COVID-19 Vaccines to High Risk of Myocarditis Has Been Withdrawn

記事によると、問題があったのはその発症割合です。先に紹介したようにこの研究では1/1000という極めて高い確率で心筋炎になると説明していました。これはワクチンを接種した人から心筋炎になった人の割合を単純に求めた数値になります。

しかし彼らはワクチンを接種した母数を32,379人としていたものの、実際は854,930人でした。つまり1/26もの少ない数からこの1/1000という数値を導きだしていました。

明らかにおかしい論文については9月16日提出されなんと24日には撤回されました。なぜこのよな単純なミスで1/1000という明らかに異常に発生な率を信じ込み提出していたのかは不明です。ただ、この内容から分かるように新型コロナウイルスワクチンにより極稀に心筋炎を発症することはあるということになるのですが、それは多くても1/26,000程度という確率になります。


この論文に関して発表したオタワ大学心臓研究所は誤ったデータにより誤った情報が広まってしまったと謝罪する声明を発表。またこの研究に携わった人物らは一般の人やマスコミに誤解を与える内容だとして、全会一致で論文の撤回を指示していると発表しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加