image_330

政治家の中には時たま訳のわからないことを言い出す人物が出現しますが、今回はアメリカです。バージニア州の共和党候補の人物によると、近年の海水面上昇に関して船を取り除けばそれを防げるなどと意味不明なことを主張していたと報じられています。

地球温暖化伴う海水面の上昇。古代、縄文時代は現在よりも遥かに暖かく、現在では考えられないほど内陸に貝塚があるなど温暖化と海水面上昇は対になっていることは明らかです。では現在生じてる海水面上昇に関して、これを対策するにはどうすればいいのか、アメリカの共和党の州議会候補者は船を陸に上げれば海水面上昇は抑えられるとツイッターで主張。これを後に削除したと報じられています。

Candidate Suggests Lowering Sea Levels by Taking “All the Boats Out of the Water”

彼によると「すべての船を海から撤去すると海水面が下がる」などということをツイートしていたらしく、後に削除したことについては「単なる考え方であって私の声明ではない」などと釈明していたそうです。
当然このツイートには様々なツッコミが入れられ炎上していたものと考えられます。

お風呂のように水中にあるモノを取り除けばその分の体積が減ることになるため、見かけ上の水面は下ります。これは常識なのですが、では彼が主張するように世界中の船、つまりアメリカ海軍の空母打撃群や原子力潜水艦を始め、生産品の輸送に使用している巨大なコンテナ船も取り除くということになるのですが仮にどのくらい海水面が下がるのか。


「数ミリほど下がるんじゃないか?」と思ってしまう方も多いと思うのですが、実際はものさしでは測れないほどの数値です。記事ではどのくらい海水面が下がるのか物理的に計算した結果が掲載されているのですが、なんと6ミクロンとのこと。6ミクロンとは1ミリが1000ミクロンなので0.006mmということになります。人の髪の毛より小さい高さです。

この程度の規模の換算もできないような人物が普通の人ではなく、政治家の候補になっているという時点で相当アレです。そのような人が舵取りする地域で暮らす人の生活はいったいどうなるのか。まずは街を作るシミュレーションゲームから政治家としての道を探ったほうがよいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加