image12

虫の中で人間の生命を脅かす存在といえば蜂です。大きい蜂を見ると多くの人が警戒してしまうと思うのですが、先日ブラジルでこの蜂からの攻撃を避けるため川に飛び込んだところ、別の悲劇が待っていたと報じられています。

ブラジル現地メディアなどによると事故があったのは南東部に位置するミナス・ジェライス州で先月末、30代の男性が友人と二人で釣りをしていたところ、突然ハチに襲われ逃れるため川に飛び込んだところ、次は川にいたピラニアに襲われ結果的に死亡したと報じています。

記事によると、男性は溺れてなくなったのかピラニアに食われて亡くなったのかどちらが先だったのかはよくわからないとしているのですが、このとき友人も一緒に飛び込んでおり、この友人は岸に上がったものの、死亡した男性は溺れてしまったといいどうやら溺れたおとが死因と考えられています。

地元警察によると友人や男性に蜂に刺された痕などがあったのか、事件性はないといい亡くなった男性については既に埋葬されたとしています。

海外メディアによると、人間がピラニアい襲われる事故はどのくらい発生しているのかという点について2015年と2012年に発生した件数としてもそれほど多くないとしています。映画などでは獰猛なピラニアが人間を襲うという描写がよくあるような気がするのですが、現実はそうではなく人間を襲う例は非常に珍しいとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加