image57

最近、ロシアが旧ソ連圏で昔から繋がりが強いウクライナに対して侵攻するのではないかという噂がでていますが、これに関してウクライナ領でロシアが強制的に併合したクリミア半島で特殊装備を搭載したT-80戦車が目撃されたと報じられています。

今回クリミア半島で発見され戦車は砲塔の天井、つまり砲塔天板の上部に格子状の網を搭載したT-80戦車です。この網状のパーツは最近、東側諸国で最近目にするようになったものになるのですが、いったい何の役割があるのでしょうか。

これは対戦車ミサイルであれば戦車に対して直線的に命中するのではなく、一旦上昇して戦車の上部、つまり水平面に対して攻撃するものがあり、最も弱い戦車天板への攻撃を防ぐとい目的があります。

こちらが今回撮影されテーマになっている動画になるのですが、最近みられる格子状の防御柵が搭載されています。このような装備は主に軽装甲車などが戦車の側面に搭載することで、歩兵が使うような対戦車ロケット攻撃を防ぐものがあります。
つまりそれを上に持ってきたものになります。

▼対戦車ロケット防御用に搭載された網のような構造
image56

今回撮影された映像はもちろんロシアが企んでいるというウクライナ侵攻には必ず関係はないものの、このような装備を搭載するということはそのような戦争に備えたものであり、緊張感が増す要因になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加