TOI-2109b

太陽系に存在する無数の恒星系。太陽系のように恒星を中心に複数の惑星が公転するという同じ形になっているのですが、想像を絶する地獄ような天体も存在してます。今回発見されたのはそんな地獄のような天体TOI-2109bです。

地球から見て「ヘルクレス座」の方向、およそ855光年先のおとめ座銀河団に位置する太陽系外惑星「TOI-2109b」にに関して過去発見された惑星の中で最も高温な惑星であることがわかった報じられています。

発見したのはマサチューセッツ工科大学の研究チームです。この天体はTOI-2109という太陽系でいう太陽の周りを公転しているTOI-2109bという第一惑星です(最も近くを公転している天体)。ただ、恒星と惑星との距離が尋常ではないほど近くを公転しており、なんと、太陽と水星の4%しか離れていません

つまり灼熱の恒星の周りをグルグルと公転していることになり天体も極めて高温になっています。研究によるとTOI-2109bの表面温度は3330度に達するとしており、いわゆる巨大なガス惑星が高温に熱せられていることから「ホットジュピター」に分類されています。

また、TOI-2109bの公転周期はわずか16時間です。地球の公転周期が365日あることを考えてもいかに恒星の近くを公転しているのかが伺えます。

研究者によると、TOI-2109bは今後さらに恒星に近づいていくといい、最終的には潮汐力で破壊されるか飲み込まれるとのこと。ただ、そのような現象が発生するのは今から数千万年後のことであり、私達は観測することができないとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加