F-35_1

先月中旬、地中海でアメリカと共同で訓練を行っていたイギリスのクイーン・エリザベス級航空母艦の艦載機F-35Bが墜落した事故について、どのような状況で墜落したのか事故当時の映像が流出したと報じられています。

この事故はアメリカ時間2021年11月17日、地中海に墜落したもので、イギリス海軍としては初めての墜落事故でF-35Bシリーズ全体でも3機目となりました。

当時、イギリス海軍のクイーン・エリザベス級航空母艦にはイギリス海軍のF-35B 8機、更にアメリカ海兵隊のF-35B 10機を載せていたらしく、通常の合同飛行訓練を実施していました。墜落事故はグリニッジ標準時午前10時頃に発生したといい、F-35Bのパイロットは墜落前に脱出し救助。直ちにクイーン・エリザベスに収容されました。

この事故に関して海軍は。「現時点で詳細を明らかにするのは適切でない」などと意味不明なことを言い出し事故を隠すような言動を当時していました。ただ墜落後直ちに収容されたとうことから、過去の同様の事例からこのサイトでは「離着陸の際に発生した可能性がある」ご紹介していました。



そしてこちらが先日流出した事故の映像です。これが本物なのかは判断は難しいのですが、仮に事実として、海外メディアなどは未確認の情報などから、ほぼ一致していると報じてます。

ではなぜこのようにノロノロと離陸する事態になったのか。

一部メディアによると事故機となったF-35Bのエンジンに「安価なプラスチック製のレインカバー」を吸い込んでしまい墜落したと報じていました。これがどのようなものなのかは不明なのですが、予想では戦闘機が駐機中につけていることがある吸気部分を覆うようなカバーだと思います。
また一部報道では事故後、海に浮かぶ赤いカバーを目撃したという話があるらしく間違いなくこれであっていると思います。

▼F-35Aにおける赤いカバー
F-35

つまりこのように塞がったような状態になったか、別のモノを吸い込んだことで離陸にエンジン出力をだすことができず、直ちに離陸を中止しようとブレーキをかけたものの止まりきらず墜落してしまったということになります。

▼クイーン・エリザベス級航空母艦で運用されているF-35Bの離着陸


いずれにしてもF-35Bそのもののトラブルというよりも人為的ミスで発生した可能性が高く日本円で100億円ほどする機体がとても単純なミスで失われたということになりそうです。



参考
このエントリーをはてなブックマークに追加