オミクロン株_1

韓国で確認されている新型コロナウイルスの変異種であるオミクロン株の感染者に関して、6日時点で24人となったのですが、嘘の内容を申告した牧師夫婦が原因による感染者が複数でていると報じられています。

朝鮮日報によると、韓国で見つかったオミクロン株に関して6日、国内で見つかった件数は24人となりうち19人が首都近郊の仁川市に集中していると報じています。

오미크론 발생 닷새만에 4차 감염… “고위험군 백신 접종률 높여야” - 조선비즈

仁川市で何があったのか。すべての原因はナイジェリアから2021年11月24日に帰国したとある宗教の牧師が根源になっています。この夫婦はオミクロン株に感染していることがわかったものの、当局に対して防疫タクシーに乗って家に帰ったとしていると話したものの嘘で、ウズベキスタン人の友人が運転する車で帰っていました。

image81

このウズベキスタン人が濃厚接触者になったのですが、この人物もこの嘘つき牧師夫婦から二次感染します。もちろんこのウズベキスタン人は自身が感染し発症していることは知らず、家族らが三次感染。発覚するまでの1週間あまりショッピングセンターや飲食店に行ったことで飲食店のオーナーと客も三次感染します。

このウズベキスタン人の家族も嘘つき夫婦の宗教団体に入信していたらしく、感染した三次感染者の子供らが宗教施設で集団礼拝に参加。宗教施設内で感染者が出ており信者らが四次感染となりました。

問題なのはこの嘘つき夫婦が帰国してから四次感染者がでるまでの時間が相当短いと考えられています
。というのも嘘つき夫婦が帰国したのは先月24日で、4日後の28日時点でドライバー→ドライバーの家族→宗教施設内という4次感染進んでいったということが当局の資料から読み取ることができます。

これが事実なのかは分からないものの、仮にそうだとしたら感染から発症までの期間がとても短く感染力が極めて強く、気づいた時点で感染が周囲に蔓延している可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加