image_288

みなさんも一度は目にしたことはあると思われる年配男性のふさふさ眉毛。実はこのふさふさ眉毛はある理由からある種自然にそうなるとのことです。

加齢によって髪の毛が薄くなるというのが人類に与えられた宿命ですが、一方で男性の中には年を重ねるにつれて眉毛がふさふさになる人がいます。老いるにつれて眉毛・耳毛・鼻毛がふさふさになる現象が生じるのは「男性だけ」という謎について、皮膚科医であるダニーロ・デル・カンポ氏とマリー・ジン氏が解説しています。

GIGAZINE
年配男性がふさふさ眉毛になる理由についてはそれを調べた研究というものが存在しているらしく、最近のものでは2020年にポーランドのワルシャワ大学とポズナン医科大学の研究チームがまとめた論文があるとのこと。

それによると、歳を重ねるたびに増えていく男性のテストステロンが原因だとしています。このテストステロンは要は毛を包む毛包の細胞に影響があることがわかっています。

私達の体毛は不思議なことに長さが違います。これは自然に抜け落ちるまでの期間の差があるためで頭皮は2~7年あるのに対し、体の中で短い体毛、例えば眉毛などは30日程度しかなく、1cmを超えて伸びるようなこともないとのこと。

実はこの期間はテストステロンにより影響されることがわかっています。テストステロンは加齢により増えていくため短い体毛も長くなります。つまり、加齢で眉毛がふさふさになるのはこの抜けるまでのサイクルが加齢によりテストステロンにより増えたことが原因です。

髪の毛はふさふさにならない理由

余計なところはフサフサになる一方でほしいところがフサフサにならない私達体。特に頭髪が加齢と共に気になるところですが、なぜテストステロンでフサフサにならないのか。

実は男性ホルモンの一種であるテストステロンは短い体毛については抜けるまでのサイクルが長くなるものの、頭髪にしていては逆に短くするという意味不明な働き方をする事がわかっているそうです。

つまり、加齢と共に眉毛にがフサフサになり髪の毛が薄くなるのはテストステロンにより影響される髪の毛を作る細胞が影響しているためだということになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加