image

大量にプラスチックごみを出す容器の一つでもあるペットボトル。これに関してお隣韓国では来年以降一度リサイクルされたペットボトルでも捨てられず、再リサイクルできるようになると報じられています。

韓国メディアによる環境部は食品容器使用再生原料基準を見直し、来年からボトル・トゥ・ボトルという要は一度リサイクルされたペットボトルを再びリサイクができるようになると報じられています。

韓国以外の国では一度リサイクルされたペットボトルは再リサイク可能なのかは不明なのですが、この国では一度リサイクされたペットボトルは改修されても再びペットボトルにすることはできず、緩衝材などの材料として生まれ変わっていました。

しかしこれが最近問題視され、来年以降は一度リサイクされたペットボトルでも最リサイクできるように改正されるとしています。

なぜペットボトルの再リサイクはできないようになっていたのか。これには理由があり、私達が体内に入れる液体を入れる容器であるため、衛生上の問題から使用が制限されてきたといいます。当然、ペットボトルには様々な人間が口にできない液体や物質が入れられる場合があり、例えばそのような物質が蓄積するなどの懸念があった可能性があります。

これに伴いペットボトルの回収にも力が入れられることになるといい、ペットボトルの回収ボックスが新たに設置されるなどリサイクルが更に拡大される予定とのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加