image134

最近スマートスピーカーなる製品が販売されています。これはいちいち名前を呼んで呼びかけることでそれに対応した反応をしてくれるという面倒で便利そうな端末になるのですが、調査結果としてAmazon製のものは4人のうち1人がわずか2週間のうちに使用をやめていることが明らかになりました。

Amazonは音声アシスタント・Alexaに対応した端末として、スマートスピーカー「Echo」シリーズやスマートディスプレイ「Echo Show」などを展開していますが、15%~25%のユーザーは、使い始めて2週間で使用をやめているというデータがあることがわかりました。
端末に呼びかけてその反応を返すという謎の端末、スマートスピーカーが販売されていますが今回はAmazonです。

スマートスピーカーはいくつか販売されているのですが、その中のエコー(Echo)と呼ばれている端末に関して、海外メディアによるとAmazonの内部文書に基づく情報として報じた内容として、対応端末は使用開始、つまり購入後から2週間後で15%~25%がアクティブではなくなっていることがわかったと報じています。

つまり購入後2週間の時点で購入者全体で最大4人に1人使用をやめていることがわかったというものです。



この端末で何ができるのかはレビューをみても分かるのですが、音楽をかけたりタイマーをかけたりなどする端末です。操作は画面をタッチする以外もこの端末で画面を触るような形で操作することもできます。

ぱっと見た感じ、「部屋に一つくらいあってもいいかな」と思うのですが、何故かこの端末について多くの人が短期間で利用をやめているそうです。

多くの人が天気予報程度しか使っていない件

このようなレビューを見ると、「あれもできるこれもできる」と生活が豊かになるような情報に包まれるような感覚になるのですが、実際は多くの人が音楽を再生したりタイマーを使ったり、照明のオンオフ程度しか使っていないとのこと。これは主要機能になるのですが、そのような基本機能くらいしか使う用途がないということにもなります。

室内によくいる人ほどよく使い、室内にあまりいない人ほど使わないのではなかと思おうのですが、このような点についてAmazonの広報担当者は「Alexaの成長が鈍化しているというのは正確な表現ではありません。Alexaは実際のところ、成長を続けています。顧客の利用は増加しており、これまで以上に世界で使われています」と反論しています。

現在、このような端末で操作できるような家電が少なくそもそも利用価値が薄いという背景もあると考えられるのですが、あと10年くらいもするとリモコンではなく口で操作するような時代がやってくるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加