image138

豊かな自然と大量の森林が覆っているというイメージがある国、カナダ。その国の大きさの割にほとんどおもしろニュースなどが報じられないのですが、実は最近2100年までに人口を1億人にするという計画が発表されたそうです。

最近カナダで発表されたというセンチュリーイニシアチブによると、2026年までに国内の年間移民目標を人口の1.25%に固定し、2026年までに最大50万人規模の新規移民を呼び寄せるとしています。

Plan for Canada to Triple Population to 100 Million by 2100 | NextBigFuture.com

現在カナダは、2021年に401,000人、2023年には最大421,000人の新しい移民を入れるとのこと。このセンチュリーイニシアチブでは、2024年に450,000人、2025年に475,000人が必要になってくるとしています。

この人口1億人計画で国内の高齢化の影響を減らし年間GDP成長率も1%増加できると見込んでいます。

当然、そこに暮らすカナダ生まれのカナダ人も増やす必要があるとしており、カナダにおける一般化家庭の望んでいる子供は2.4人となっているものの、実際は1.5人の開きがあるといいます。そのため財政的試験を求めており、これにより理想的な状況に近づけることができるだろうとしています。

image137

2100年における人口については現在の構造が大きく変わるとみており、例えば中国は14億人から7億4000万人に減少。インドも13億8000万人から10億人近くに減少すると見ています。アメリカはほぼ横ばいの3億3000万人。日本では半分の6000万人まで減少すると考えられています。
このエントリーをはてなブックマークに追加