F-35I

現在アメリカなど複数国が運用している世界初となる多国籍配備型のF-35。この機体に関してどこの国かは明らかになっていないものの特注となるF-35の導入計画があり、資金を開発資金を受け取ったと報じられています。

The DriveによるとF-35を生産・開発しているロッキード・マーティンは特殊なF-35を開発するため4900万ドル。約50億円の対外有償軍事援助(FMS)を受け取ったと報じられています。

Anonymous F-35 Customer Is Getting A New Variant Of The Stealth Jet

同社の発表は以下の通りです。
ロッキード・マーティン社(テキサス州フォートワース)は、49,059,494ドルのコスト・プラス・インセンティブ・フィー契約を獲得しました。これは、不特定の外国軍販売(FMS)顧客向けに合わせた統合ストライク戦闘機の設計と開発を支援するエンジニアリングおよびその他の関連活動を提供するものです。
ベースとなる機体は通常の滑走路で離陸する空軍型のF-35A、もしくは強襲揚陸艦など艦艇から離陸できるF-35Bのどちらかではないかとしています。

F-35に関して、実は非常にまれながらこのような特殊機はすでに生産されています。有名なところとしてはノルウェー空軍のF-35Aです。ノルウェーは寒い地域あるため滑走路での着陸で問題が発生するためドラッグシュートという着陸時に使用する減速用のパラシュートを搭載しています。



他にはイスラエルのF-35Iは他の機体には搭載されていない通信および電子戦システムが搭載されていることが明らかになっています。

今回契約したF-35がいったいどこの国なのかも明らかになっていないのですが、そのような特殊な環境で使用するような国であるか可能性が高いと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加