発熱相談

新型コロナウイルスに関して再流行の兆しで見えている件について、東京都の発熱相談センターの相談件数が2021年のクリスマス頃より増加傾向にあるとネット上で話題になっています。

新型コロナウイルスに関して世界中ではオミクロン株の新規感染者数の爆発的な増加が報告されていますが、一方日本でもこのオミクロン株が原因なのかは不明なのですが、再び新型コロナウイルスの増加傾向にあることは皆さんも感じられていると思います。

こちらのグラフは東京都における東京都発熱相談センターにおける相談件数です。最新のものは2022年1月4日現在2021年12月31日となっているのですが、一番右側のグラフが増加傾向を示しており再び感染拡大に入ったことはほぼ間違いないと考えられます。

ダウンロード


数値としては2021年12月中旬頃までは1日あたり300~400件になっていたのですが、12月18日には494件、19日662件、25日に850件、29日には1300件と上下しながら増加傾向が伺えます。

image158
これは新型コロナウイルスの日本全体の新規感染者数とも比例している傾向がありここからも感染が広まりつつあることはほぼ間違いないと考えられます。

2021~22年に関しては新型コロナウイルスが落ち着いたことで数年ぶりに帰省された方も多いと思います。明るい兆しが見えていたのですが、今年もこのウイルスが原因で行動が抑制されるなどの戦いが続くということになりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加