image171

海外メディアによると2020年12月、今から20年ほど前に刑務所を脱獄し行方をくらませていたマフィアのボスがGoogleのストリートビューに偶然映し出され逮捕される出来事があったと報じられています。この犯罪者は「どうしてわかったんだ?親にも連絡していないのに!」などと口にしていたといいます。

どこかに行く際に駐車場の広さはどうなのか、どこから側道に入ればいいのかなど事前に調べるような使い方もできるGoogleストリートビュー。日本ではかなり多くの地域でこのGoogleストリートビューが使用できるのですが、先日通行人を殺害して1998年に逮捕、その後脱獄していたジョアッキーノ・ガミーノ受刑者が20年ぶりに逮捕されたと報じられています。

Mafia, il superlatitante Gammino scovato dopo vent'anni con Google Maps vicino a Madrid - la Repubblica

記事によとこの殺人犯はシチリア等でマフィアのボスだったらしく、1989年に抗争中のマフィアと勘違いし一般人を殺害その後9年間も逃亡を続け1998年にスペインで逮捕されました。この人間には終身刑が言い渡されたものの、その後2002年に脱獄しました。

イタリア警察は逮捕に向けて2014年にEU全体に逮捕状を発行。その後警察がGoogleストリートビューで犯罪者を探すという、どのような捜査を行ったのかは不明なのですが、結果、スペインのとある青果店の前にいるガミーノ受刑者らしき人物を発見。

▼右がガミーノ
image172

その後、この地域で捜査を進めたところ、人殺しのマフィアがシェフとしてレストランで働いていたことが発覚。当然偽名で働いていました。その後捜査を行った結果、顔の傷などから本人であることが明らかになり、2021年12月に逮捕したという流れです。

当時の様子についてガミーノ受刑者が逮捕時「どうやって見つけた?家族とも連絡を取っていないのに」などと口にしていたとのこと。ちなみにGoogleストリートビューについて警察は、基本的に犯罪者探しに使っているようなものではないと説明しています。

ちなみにGoogleストリートビューに関して警察が私達が使用するような画面を見ながら探したのかなどは不明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加