image_45

去年の3月、アメリカのとある自動車整備企業が社員の給料支払いを怠った挙げ句、問題が指摘されると油まみれの1セントコインで全額支払るという企業が明るみになりました。この企業に関して先月米当局から告発されたと報じられています。

この企業について簡単に紹介すると、アメリカのョージア州ピッチトリシティに位置する自動車整備会社「Okkai Walker AutoWorks」です。その代表マイルズ・ウォーカーです。

[Pick] "밀린 월급 줘요" 직원에 동전 '9만 개' 쏟은 업주 | SBS 뉴스

問題があったのはの企業でマネージャーとして働いていたAさん。実は契約として定められた午後5時の退勤時間を守ることをせず代表との間でウォーカーとトラブルが発生。2019年11月に退社することになります。しかし、賃金915ドル(約104万円)約3ヶ月分の給料が支払われず、労働部に申告。
するとこのウォーカーはすべての給料を汚れた油まみれの1セントコイン、合計9万1500枚、重量226kgで支払いました。



Aさんはこの対応について訴えようとしたものの実は支払いは紙幣でおこなわなければならないなどの法律的な規則がなく、米国労働省も「従業員の給与を油した1セント硬貨に支給するのが合法か?」というマスコミの質問に対して「給与をどのような形の通貨で支払わなければならかどうかを指定する規定はない」と説明していました。

image_47

一転、告発されることに

よくわからないのですが、この問題は既に終わっていたと思いきや進展していました。米国労働省は代表マイルズ・ウォーカーを公正勤務基準法(FLSA)違反の疑いで、ジョージア州連邦北部地方裁判所に告発しました。

何が問題だったのかについてはこの文章を読む限りではマイルズ・ウォーカーの態度が原因と考えられます。この代表は自社ホームーページにAさんに対する誹謗文章を掲載するなど名誉毀損に抵触する行動をとっていました。これに米国労働省は邦公正労働基準法上禁止された報復行為に当たると判断。
またこの企業と代表は他の従業員に対しても残業代を支払っていないことが明らかになり合計で3万7000ドル、約420万円を支払うよう要求したとのことです。

今回の当局の対応に関して油まみれの1セントコインをで支払われたAさんは「正義を見ることができて嬉しい」と取材に話しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加