image194

今月10日、建設中の高層マンションの一部が崩壊するという事故が発生した件について、崩壊する10分前に撮影された映像が公開されました。そこにはコンクリートがどこかに流れ込むなど異常な前兆が映し出されていました。

SBSによると、この映像は今月13日に公開された映像で、現場は倒壊したアパートの最上階38階の屋上です。動画では鈍い音とともにコンクリートの枠組みが壊れる音が聴こえ、コンクリートが下の階に流れ込むような様子が映し出されています。

'쩍' 푹 꺼진 바닥, 쏟아진 콘크리트…붕괴 10분 전 영상 | SBS 뉴스



そもそもなぜこのような映像を撮影したのかについては、作業員が異常な状態を報告するため撮影したのではないかと言われているのですが詳しい理由については明らかになっていません。また専門家によると映像が撮影された時点で崩壊が始まっていた可能性が高いとしてます。

韓国安全専門家協会長は「中央部分の状況を見ると崩壊が始まっている状態だと思う。これを見た場合は直ぐに避難を開始する必要があります。通常このような状況になることはなく、とても危険な状況です」と話しています。

この撮影者についてはその後、直ちに現場を離れ急いで避難したとしており、このとき他の作業員に呼びかけを行ったのかは明らかになっていません。

今回マンションの一部が倒壊した事故事故原因についてはコンクリートの養生過程で何らかの過失(完全に固まりきる前に次の作業を行うなど)の原因があった可能性が高いとみています。
このエントリーをはてなブックマークに追加