トンガ火山_1

日本時間2022年1月15日13時頃、トンガ近くにある火山島フンガトンガ・フンガハアパイで極めて大規模な火山噴火が発生した件について、その噴煙サイズが目安として北海道サイズになっていることが明らかになりました。

地理的にはオーストラリア東部、ニュージーランドの北部に位置するトンガで15日大規模な火山噴火が発生しました。噴火したのはフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイという2009年にも大規模な噴火を起こし火山になるのですが、標高が149メートルとしているのですが、一部情報によるとこの山体の大半が吹き飛んだ状態になっているとされています。

問題はこの爆発の規模です。
トンガ火山

こちらはあくまで参考程度の画像になるのですが、今回観測された火山の噴煙と北海道の地図になります。このように北海道よりも若干小さいほどの噴煙が巻き上がっており、桁違いの爆発が発生したことが伺えるものになっています。
この火山爆発指数(VEI)というものがあるのですが、0から8段階あるなかで6程度となっており、これもかなり規模であることが伺えます。

問題になるのは、この大規模な爆発で地球全体に影響が発生する可能性があります。例えば1991年には北半球で発生したピナトゥボ火山でその2年後には記録的な冷夏となり日本では稲作がまれに見る凶作となりタイ米を輸入するという出来事が発生しました。

今回の爆発がどのような影響をだすのかは不明なのですが、専門家らの研究に注目する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加