image215

韓国の複数メディアによると今月22日、北西部京畿道にあるスキー場で4人乗りのリフトが故障し逆走し始める事故が発生し、39人あまりが負傷したと報じられています。

記事によると事故があったのは韓国、京畿道抱川市にあるベアーズタウンスキー場で2022年1月22日、午後3時頃、リフトが故障し突然逆走し始めるという事故が発生しました。

스키장 리프트 ‘공포의 역주행’…이용객 부상·고립





この事故で乗り合わせていた利用者数39人あまりが打撲など負傷したほか、緊急停止したリフトに残された乗客が60人に達し、全員が救助されるまで2時間もかかったとしています。

事故発生を受けて現場では救急車やヘリコプターが派遣されるなどの対応がされたものの、7歳の女の子1人が病院に運ばれただけで多くの人は軽症だったとしています。

問題はこのリフトなのですが、スキー場側によると今月16日にもトラブルが発生していたことが確認されており、1週間程度経った時点でこのような事故が発生したことで安全管理に問題があるのではないかという指摘がでているとしています。

過去にも同様の事故…

リフトが逆走するという事故は世界的ににもみてかなり稀なケースで、日本国内で少なくとも発生したというのは耳にしたことはありません。ただ海外を含めるとそうではありません。有名な事故としては2018年3月にジョージアにあるGudauri Ski Resortで高速リフトが、今回の韓国で発生した事故の2倍程度の速度で逆走するという事故が発生しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加