image230

車体と荷台が別れている大型トラック。特にアメリカでは巨大なトラックが運用されていますが、この手のトラックで発生するのは荷台の横転事故です。当然接続されている車体も横転することになるのですが、これを防ぐ装置が開発されていると報じられています。

これはAxicleというアメリカ カリフォルニア州の企業が開発しているもので、これは「TARS(トラクターアンチロールシステム)」というものになります。簡単に説明すると車体と荷台の異常な傾きを検知し接続を自動で解除するというものになります。

Jet engine blast demonstrates life-saving anti-rollover hitch

記事によるとアメリカでは年間9000人ものトラックドライバーが荷台の横転が原因で車体が横転し負傷もしくは死亡する事故が発生しているとのこと。原因は横風や他の車との接触による急ハンドル、また速度の出しすぎによる荷台の横転となっています。

そこでAxicleは2台との接続部分に慣性計測装置とセンサーを備えたTARSは接続部分つまりカップリング、震動、風などの情報を検出し異常が検出されれはミリ秒で接続を解除し車体側の横転を防ぐ性能があるとしています。



こちらがその動画になるのですが、ジェット旅客機を用いて横風を発生させ荷台との接続解除を試験しています。

Axicleによると、既に路上での試験に入っており将来的に9000個作るために約5億円の資金調達を目指しているとのこと。まずは今後更に安全性を確かめるため数十万マイルの走行テストを実施するとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加