image_31

世界にはよくわからない家が存在しますが今回はオランダです。なんと酪農施設にある下が尖った円柱状のサイロを家に改造した人がいるそうです。

このサイロハウスを作ったのはオランダで活動しているデザイン関連の学校を卒業したデザイナー、ステラヴァンビアーズという人物です。彼は穀物用のサイロを販売している地元の農家に連絡し、サイロで家を作りたいと説明したところ、好感を持ってくれたらしく無料でもらうことができたといいます。

image_32

サイロそのものは人が暮らすようにはできていません。高さは7メートルもあるのですが、ここの入るのも2メトルのはしごがいるとのこと。その後改造を施し、側面には穴が開けられ窓、天井にも空を見上げることができる窓を設けました。

image_30

内部はどのようになっているのかは不明なのですが、一応2階部分があるとのことなのですが、どのように行けるのかは不明。内部にはベッドを含む寝室があるとのことなのですが、サイズ感からしても足を伸ばせるほどの大きさではないと考えられます。

問題はオランダの法律に抵触しないのか?という問題です。記事によるとオランダの法律に適合するように作らたとしており、合法的に住むことができるとのこと。ただ、今回作ったものは恒久的に住むようなものではなく断熱材も水道も電気もないため一時的な生活空間としてのみ使用できるとのこと。

避難小屋的な一時的な居住スペースとして利用できるようなものということになるのですが、本人は今回作ってわかったことを生かして本格的なサイロべ―スの家を作りたいと話しています。

参考
このエントリーをはてなブックマークに追加