image_215

今月21日、中国南部で発生した中国東方航空所属のボーイング737型機が墜落する事故が発生しました。現時点でも事故原因は全く分かっていないのですが、一方で当該機は深さ20mにまで達しているといい救助活動は続けられているものの生存者の可能性は希薄だと伝えられています。

事故から間もなく1週間。今月24日に開かれた中国国家緊急対策指揮部による救助活動の状況として、今回のMU5735便については墜落地点から半径にして約30メートルの範囲に残骸が散らばっており、機体については最も深いところで20メートル下にまで達していると発表しました。(人民網)

24日時点で24時間態勢で活動を続けており、被害者の遺品21点、機体の残骸183個、乗客も発見されているとのことです。現地の地盤が弱く既に雨の影響で地すべりなどが発生していると説明しています

image_233
こちらがその一つの遺品の髪飾りです。左の映像は中国国営のCCTVが報じたものになるのですが、右の女性は当時事故機に乗っていた雲南省の20代の女性で、当時広州空港を経由して恋人に会いに行こうとしていたといいます。この髪飾りはこの女性のもので間違いないと考えられています。

回収されたブラックボックスは?

回収されたというブラックボックスは解析のため23日夜の時点で北京に移動されています。これについてはメモリーユニットが損傷している可能性が高いとこと。もう一つ、フライトレコーダーについては発見されておらず、捜索に全力を上げるとしています。
解析については、最初の報告は10~15日程度かかるとしており、来月上旬にも何らかの事故原因が分かるのではないかと考えられます。発見されたのは操縦実音声録音装置(CVR)というもので、文字通りパイロットらの音声などの情報が残されているものになります。一方でフライトレコーダーは機体の姿勢や操縦などの記録が残されており、どのような経過で事故に至ったのかが詳細に示されています。

事故原因は不明

墜落現場から10kmも離れたところで残骸と見られる部品が発見されており、何らかの機体トラブルが発生指定可能性がでています。

▼左主翼先端の一部、ウィングチップやウィングレットなどと呼ばれているせり上がった箇所であり墜落まで右翼は付いていたことが分かる。
image_234

一方で、この機体について主翼付け根のクラック修理『pickle fork』を自社工場で行なったのではないかという噂がでているとのことのなのですが、これについてはよく分かっていません。東方航空・宣伝部は「今回事故を起こした旅客機の使用年数(運用開始から)は6.8年で、飛行回数は延べ8986回。航空機の耐空性改善通報基準のpickle forkに関する最も厳格なメンテナンス基準である飛行回数2万2600回に達していなかった」と説明しており、機体の故障ではないと見ています。

いずれにしても機体が垂直に落下するという現代様々な安全策が載せられた機体でこのような事故が発生したことについては専門家を始め界隈では相当な衝撃が広まっていると考えられるのですが、一刻も早い事故原因の究明が求められるところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加