image_374

海外メディアによるとウクライナ軍の発表として、黒海に展開していたロシア海軍のラプター級哨戒艇を撃沈したと伝えています。攻撃にはTB2という無人機が使用したと発表しています。

ウクライナ国防省は公式ツイッターなどで今月2日、ウクライナのスネーク島付近にいたロシア海軍のラプター級哨戒艇に関して無人機TB2を使用したミサイル攻撃で2隻を撃沈したと発表しました。

こちらがその映像です。赤外線カメラものもので状況がよくわからないのですが、ラプター級哨戒艇と考えられる艦艇が爆発している様子が確認できます。となると夜間に行われた攻撃と考えられるのですが、状況はよく分かっていません。
また公式発表でも「夜明け」という表現が用いられていることからもこれで間違いないと考えられます。

使用されたミサイルはトルコ製の小型レーザー誘導爆弾のMAMシリーズと考えられています。MAMシリーズは射程8kmのMAM-C、15kmの-L、30~80kmの-Tシリーズの3つがあり、重量は8kg、22kg、94kgです。このどのシリーズが使用されたのかは不明なのですが、LもしくはTと考えられます。

ラプター級哨戒艇

ラプター級哨戒艇は高速船として24時間運用可能な能力があるとされ、かつ相当荒れた環境でも運用できる船として設計されています。内部には武装した兵士を20人搭乗できます。

また海以外でも広い川でも運用することができるなどの特徴もあることから、例えば特殊部隊を上陸させるなどの任務にも用いられてます。船には14.5mm機銃や6mm機銃などを搭載しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加