M777 155mm榴弾砲2

ロシアが一方的に侵攻しウクライナが戦場になっている今回の戦争。現在欧米各国がウクライナに兵器を供給し戦果を上げているのですが、アメリカは更にM777 155mm榴弾砲を送る準備を進めていると報じています。

アメリカ国防省によると、アメリカ海兵隊はウクライナに対するアメリカの安全保障支援の一環として、他の軍事物資と更にM777 155mm榴弾砲を追加で出荷する準備をしていると発表したと報じられています。

US Marine Corps to send new batch of M777 howitzers to Ukraine

このM777は既にアメリカ製のものがウクライナに供給され運用されているのですが、ウクライナ国防相によると供給された90門のうち74門が実戦配備されおり長距離砲撃を実施しているとしています。具体的にはハルキウ地域とドンバス地域といった前線で使用しているとのこと。

M777 155mm榴弾砲

このM777は重量が4.2トン。この手の榴弾砲は非常に昔から戦争に登場しているのですが、M777は榴弾砲としては一般的な155mm砲で砲身39口径(つまり砲身長155mm×39=6m4.5cm)あります。特徴としては海外展開が行うことの多いアメリカはヘリなどの輸送で支障がでないよう軽量化する必要があり、チタンやアルミニウム合金を使用しており、他国の同口径の兵器に比べると重量は約半分ほどになっています。



M777からはGPS誘導の砲弾やロケットモーターを搭載した砲弾も発射することができるのですが、一般的な砲弾であれば射程は24.7km、ロケットモーターでアシストした場合は30kmに伸びるとしています。

▼東京駅を中心とい約24.5kmの円
M777 155mm榴弾砲の射程
このエントリーをはてなブックマークに追加